植物

綺麗な状態を保つ為に行なう草刈り|方法はさまざま

雑草を刈って見た目よく

草刈

方法による違い

草刈りと一言で言っても、その方法には様々なものがあります。草刈りとは、その名の通り草を刈ることをさしますが、広義には草を根本からひっこぬく草むしりや除草剤などによる処理も含みます。草むしりは、根っこごと草を抜くことができるので、長い間きれいな状態を保てるというメリットがあります。庭や家庭菜園など、狭い範囲の地面をきれいにするときには向いています。ただ労力がかかるため広範囲だと大変です。公園やゴルフ場など、広範囲の草を短く刈り揃えるときには草刈り機などを用いて草刈りをするのが向いています。草刈りだと、根っこは残るので再び草は生えてきてしまいます。畑や田んぼなど、広範囲の草を根本的に枯らしたいときは除草剤利用が便利です。

広範囲の整地に向く

草刈りの特徴は、根っこを残して草を短く揃えるという点です。根っこが残るため、草の再生力は高く、そもそも草が生えてほしくないところの処理には向きません。しかし、草刈り機などで処理する分には、即効性があり広範囲の草も早く均一に処理できるというメリットがあります。また、作業中は飛び石などの危険性がありますが、作業が終われば危険性はありません。除草剤などを使用すると、使用してしばらくは除草剤が残るので子供を遊ばせるときなどに危険が伴います。草が残ってもよく、人が草にふれることもある公園やゴルフ場などでは、草刈りという手段を選ぶことが多いです。また、草刈り機は使用に慣れが必要なため、専門業者も多く存在するという特徴があります。

植物

春に向けて準備を始める

花壇を始める前に、まずは枯れ果てた植物や雑草などは抜いておくようにします。そうすることで、健康な状態で植物を育てることができます。秋まきの場合は、15度から20度が適温なので気候も考えてはじめましょう。

花

ガーデニングの始め方

ガーデニングを始めてみたいけど、難しく手間がかかりそう、と思われている人も多いかもしれません。ですが、多年草やハーブなど意外と育てやすい花や植物も多く、特に春先は初心者でも手軽にガーデニングを楽しむ事ができます。

菊

日本の秋を代表する花

キクは奈良時代末頃に中国から日本に渡ってきて以来、技術や育て方が発展してきた多年生植物です。皇室の家紋としても重用され、展覧会なども多く開かれています。多くの人が自宅に庭や鉢植えで、楽しめる観賞用植物として人気が高いです。